私が買ったトリキュラー21の通販サイト

 

私はベストケンコーというサイトで
トリキュラー21を購入しました。

 

価格が安かったから、というのもありますが、
正規品保証があるというところに惹かれました。
(いくら安くても偽物は嫌なので・・・。)
実際、届いたのは本物のトリキュラーでしたし、
発送も早かったので満足しています。
またリピートする予定です!

 

私が買ったトリキュラー21の通販サイトはこちら
    ↓↓↓

 

 

 

 

 

トリキュラーは通販で買うとお得!?

 

 

トリキュラーは日本で一番人気がある低用量ピルであり、
医療機関で処方してもらえます。

 

ですが、保険の適用外ですから高いですし、
通院のための交通費や検査代も発生しますし、
そもそも時間も取られますよね。

 

そこで、個人輸入代行の通販サイトを利用すれば、
Amazonや楽天などとほぼ同じ感覚で
手軽にトリキュラーを買うことができます。

 

また、通販サイトにてキャンペーンやクーポン発行を
実施することもあるのでぜひ活用してください。

 

さらに、まとめ購入で割引されますので、
一度にたくさん買いたい方にも通販は向いています。

 

 

通販が向いている人・向いていない人

 

 

トリキュラーは個人輸入代行の通販サイトか病院で買うことができます。

 

ですが、先ほども説明したとおり、通販で買った方が大幅に安いです。
具体的にいうと、医療機関で買う場合の半額くらい。

 

  • とにかく安い方がいい
  • 誰にも知られずにトリキュラーを買いたい
  • 医療機関を訪れる暇がない
  • トリキュラーに関する知識がそれなりにある

こんな人は、通販が向いています。

 

 

反対に、通販に向いていないのは、こういう人です。

  • 医者に身体をきちんと診てもらいたい
  • トリキュラーに関する説明をしてもらいたい

 

このように考えている人は、多少、費用が高くても
病院でもらった方が良いかもしれません。

 

トリキュラーに関して医者にしっかり説明してもらい知識をつけ、
その上でトリキュラーを使っても体調的に問題がないことがはっきりしたら、
通販利用に切り替えると良いと思います。

 

 

そもそもトリキュラーとは?

 

 

トリキュラーは低用量ピルであり、ドイツのバイエル社によって作られました。

 

錠剤の種類は黄色、白色、赤色の3タイプであり、
色によって含まれるホルモンの量が違います。
(ちなみに「3相性ピル」とも言われています。)

 

ホルモンの量を、赤色→白色→黄色と摂取していくことでコントロール。
この仕組みにより副作用のリスクがかなり低くなっています。

 

それもあってか、日本国内のピルとしてはトップクラスで売れています。

 

 

トリキュラーの効能について

 

 

そもそも「経口避妊薬」ですから、トリキュラーを使用する最大の目的は避妊です。

 

適切な方法で継続的に使っていくことで、かなりの避妊効果が得られます。

 

それに加えて、ホルモンバランスを安定させる作用により、
生理痛の原因物質の生成を阻害して、子宮内膜を薄くする働きも。
これによって、子宮内膜症、月経前困難症、月経困難症などのリスクを下げてくれます。

 

子宮内膜症は不妊症を招く恐れもありますから、
女性にとっては特に重要な効果だと思います。

 

それから、男性ホルモンの動きを抑える効果もあるので、
ニキビや多毛症も防止・改善してくれると見られています。

 

 

トリキュラーの避妊効果は?

 

トリキュラーには「レボノルゲストレル」と
「エチニルエストラジオール」という2種類の女性ホルモンが入っています。

 

そのため、トリキュラーを飲むことで、体内の女性ホルモン量が高くなり、
まるで妊娠したかのような状態になります。

 

すると「妊娠した」と身体が勘違いするので排卵が停止。

 

適切な方法で摂取し続けることで排卵が止まり避妊を続けることができます。
その避妊率はほぼ100パーセントです。

 

 

トリキュラーの副作用は?飲んではいけない人は?

 

 

トリキュラーはピルの中では副作用が出にくい方です。

 

ただし「1日に15本以上喫煙している35歳以上の人」については、
トリキュラーを含めてあらゆるピルを利用することができません。

なぜなら血栓症になってしまう恐れがあるからです。

 

もちろん34歳以下の方であっても、ヘビースモーカーなのであればできれば
トリキュラーは使わない方が良いでしょう。

 

コンドームで避妊をすることをおすすめします。

 

 

また、以下のいずれかに当てはまる場合も副作用に襲われるかもしれませんのでピルを使うことが禁じられています。

 

  • 授乳中
  • 妊婦さん
  • 血栓症になった経験がある
  • 重い片頭痛
  • 高血圧症
  • 癌患者
  • その他疾病患者

 

加えて、トリキュラーを摂取して以下の副作用に襲われたときも、
すぐに利用をストップして病院に行きましょう。
血栓症になりかけている・なっている可能性があります。

 

  • 視力の低下
  • 手足に力を込めにくい
  • 息切れ
  • 動悸や胸の痛み
  • 前触れのない手足のしびれ

 

 

使用開始初期の副作用

 

繰り返しになりますが、トリキュラーはピルの中では副作用が「出にくい・軽い」ほうです。

 

ただ、体質次第ではこのような副作用に襲われることもあります。

 

  • 下腹部の痛み
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 乳房の張りや痛み
  • 吐き気

 

上記の副作用は使用開始初期に出ることが多く、症状も重くなりません。

 

使い続けていくうちに、そのうち発生しなくなるケースが大半です。

 

ただし、いつまでもこれらの副作用に襲われるのであれば、
利用を中断してすぐに医者に診てもらいましょう。
何らかの異常が起きている恐れがあります。

 

 

トリキュラーの用法用量

 

 

トリキュラーは1回1錠をぬるま湯か水で摂取します。
時間は固定してください。

 

トリキュラーには28錠のものと21錠のものがあります。

 

効き目は一緒ですが、21錠のものよりも28錠の方が飲み忘れが起きにくいと言えます。

 

それぞれの飲み方を見ていただければ、その理由が分かるはずです。

 

 

トリキュラー21の飲み方

 

1〜21までの通し番号が全ての錠剤に記載されています。

 

これを毎日同じ時間に数字の通りに摂取していきます。

 

赤6錠→白5錠→黄10錠という順番。

 

錠剤の色によってホルモンの量が違うので必ず番号順に飲んでください。

 

21錠分が終了したら、7日間休みます(休薬)。

 

その後、次のシートに移り全く同じ手順で飲んでいきましょう。

 

「7日間完全に休める」ことが魅力です。

 

 

2:トリキュラー28の飲み方

 

こちらは1シート28錠であり、28錠中7錠は何の効果もない、
いわゆる「偽薬(プラシーボ)」となっています。

 

これを赤→白→黄→白(偽薬)の順で飲みます。

 

偽薬を最後まで飲み終えたら、休みを挟まずに翌日から次のシートに移ります。

 

つまり、トリキュラー21とは違い、
休薬期間中も偽薬を摂取するということになりますね。

 

「毎日飲み続けることになるので、飲み忘れが起きにくい」のがメリットだと言えるでしょう。

 

トリキュラー28の場合は休める期間がないとは言え、1日たった1錠飲むだけです。

 

それにあくまで偽薬ですから身体に負担がかかることもありません。
ですから、飲み忘れが心配な方はトリキュラー28を使うと良いでしょうね。